ハクレイ土地建物

ホーム

不動産Q&A

不動産価格に消費税はかかってきますか?

不動産の売買の場合、消費税がかかる場合と、かからない場合があります。
土地の売買に関しては、非課税となっています。建物の売買に関しては、売主が個人の場合、消費税はかかりませんが、売主が事業者の場合は消費税がかかります。

新築のマンションを購入する場合、建物の価格にのみ消費税がかけられています。中古のマンションを購入する場合は、個人が売主であることが多いので、消費税がかかることはあまりありません。

土地の貸付けについても、消費税の課税の対象とならないこととされています。
この土地には、土地の上に存する権利も含まれます。土地の上に存する権利とは、地上権、土地の賃借権、地役権などの土地の使用収益に関する権利をいいます。

したがって、土地や土地の上に存する権利を貸し付けた場合の地代、権利金、更新料又は名義書換料なども非課税となります。

しかし、事務所などの建物を貸し付ける場合の家賃は課税の対象となります。この場合、家賃を土地部分と建物部分とに区分している場合でも、その総額が建物の貸付けの対価として取り扱われます。

なお、住宅用としての建物の貸付けは、貸付期間が1か月に満たない場合などを除き非課税となります